【保存版】IT企業の売買を成功させる11のコツ!あなたの会社も10億以上で売却できるM&Aの秘訣とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IT業界のM&Aは、数億〜数十億規模で取引が行われています。本記事では『IT企業の売買を成功させる11のコツ!』と題して、あなたの会社を10億以上で売却する『M&Aの秘訣』について徹底解説します。

なお、IT起業のM&A、WEB売買やサイトM&AによるEXITについては、以下の記事でも詳しく説明しています。ぜひ、本記事と併せてご覧ください。

 

関連記事:事業継続よりも、事業売却(M&AによるEXIT)をオススメする理由は4つ!

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awsome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

目次

はじめに|IT企業を売買(M&A)10億円以上で売却する方法

 

IT企業を売買(M&A)10億円以上で売却する方法は、非常にシンプルです。巨額の資金を手にするには、まずベンチャーキャピタルから出資されるような「未来のある企業」を目指すことです。

 

具体的には優秀な技術者を確保し、優れた顧客の囲い込みと拡大。新規分野への進出を目指し、斬新なITサービスを打ち出します。こうして企業価値を高め、次の起業資金を確保。シリアルアントレプレナー(連続起業家)として、M&AによるEXITを繰り返していくのです。この流れを踏めば誰もが10億はもちろん、50億、100億と大きな資金を得ることができます。

 

IT企業売買の仕組み|M&AによるEXITとは?

 

ここで『IT企業売買の仕組み』について説明しましょう。

 

M&AによるEXIT(企業買収や合併で資金を得るしくみ)

 

M&AによるEXITとは、M&Aによって企業を売却しキャッシュを得ることです。M&Aにも、株式譲渡、第三者割当増資、事業譲渡、会社分割、合併、株式交換、資本提携、業務提携などの方法があります。

 

M&Aの種類と内容

株式譲渡 売却企業のオーナーが買い手に保有株式を譲渡し会社の経営権を渡すこと
第三者割当増資 新たに株式を発行し、買収企業に株を引き受けてもらう方式のこと
事業譲渡 株式会社が事業をほかに譲渡すること
会社分割 ある事業の権利義務の一部、または全てを他会社に承継させること
合併 2つ以上の企業が、1つの会社になること
株式交換 発行済株式のすべてを他会社に取得させること
資本提携 資本参加を伴う提携のこと
業務提携 業務を提携し協力関係を強化する方法のこと

 

なおIT分野に限らず、どのジャンルに置いても「M&Aに流れ」は共通しています。下は、日本M&Aアドバイザー協会が作成した「M&Aの流れ」を示した図です。

 

日本M&Aアドバイザー協会が作成した「M&Aの流れ」を示した図

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awsome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

 

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

IT企業の売買を成功させる11のコツ!

 

IT企業の売買を成功させる11のコツをまとめてみました。

 

IT企業の売買を成功させる11のコツ!

① プレM&Aで組織の経験値を高める
② M&A戦略を立てる(事業領域/地域/商品/チャンネル/顧客セグメント)
③ ファイナンシャルアドバイザリーサービス(FAS)を入れてM&A戦略を立てる
④ ポストディールマネジメントを徹底する|アフターM&Aまで見据えた計画を立てる
⑤ デューデリジェンスを行う、デューデリジェンスに時間を割く
⑥ 人材確保を目的としたM&Aニーズに応えていく
⑦ 環境変化を先取り、新しい時代に沿ったサービスや技術の提供
⑧ AI、IoTなどの「第四次産業革命」を見据え、他社にはない技術や製品を提供
⑨ 友好的なM&A、事業承継のため既存の企業を尊重する
⑩ M&A開示の際の従業員や取引の反応を予測・行動する
⑪ 優れたM&A業者を選定、自社にふさわしい業者に仲介を依頼する

 

①〜⑪の内容について、順に解説します。

 

プレM&Aで組織の経験値を高める

 

プレM&Aとは、M&Aを実行する前に企業の状況を把握することです。具体的には、コンサルタントから調査を受け、以下の内容に問題が無いか、問題の洗い出しを行います。

 

プレM&Aで確認すべき項目
☑ 書類の管理状況、書類の不備が無いかどうか
☑ 借入の状況、借入過多に陥っていないかどうか
☑ 過去の会計が明瞭かどうか、不要な契約があれば解除を行う
☑ 株主との関係、株主との意識がバランス良く調整できているのか
☑ 買い手側が「取得したい」と思われる魅力的な事業が行われているのか

 

このほか、M&AによるEXITや売却によって、代表者の業績にどのような影響が出るのかも、併せて調査を行いましょう。こうしたプレM&Aの実施で『組織の経験値を高め』いつでも、ベストな状態でM&Aに出せるよう準備を進めて行きます。

 

M&A戦略を立てる(事業領域/地域/商品/チャンネル/顧客セグメント)

 

事業領域、地域、商品、チャンネル、顧客セグメントを調査し「M&A計画」をより細かく分析し、戦略を立てることでM&Aが成功する確率は高くなります。

 

ファイナンシャルアドバイザリーサービス(FAS)を入れてM&A戦略を立てる

 

前項に続くのですが「M&A戦略」には、財政的分析も欠かせません。ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス (Financial Advisory Service)と は、ファイナンシャル(=財務)に関する専門的なアドバイスを行う業務のことです。大手FASには、KPMG FAS、プライスウォーターハウスクーパース、デロイト・トーマツFA合同会社、アーンスト・アンド・ヤング・トランザクション・アドバイザリー・サービスなど「四大ファーム」と呼ばれる会計事務所があります。

 

この他ファームについても「四大ファームに属する会計事務所」が多いです。M&Aではファイナンシャル・アドバイザリー・サービス(通称FAS)を入れて、M&A戦略を立てていきます。

 

ポストディールマネジメントを徹底する|アフターM&Aまで見据えた計画を立てる

 

ポストディールマネジメントとは、M&A(合併と買収)実施後の「実質的な統合段階」を意味します。M&Aは「実行すれば終わり」ではありません。ポストディールマネジメントを徹底することは、M&Aにおいて不可欠なことであり、アフターM&Aまで見据えた「長期計画」が求められます。

 

デューデリジェンスを行う、デューデリジェンスに時間を割く

 

デューディリジェンス(Due diligence)とは、M&Aの対象企業について調査活動を行うことです。具体的には、法務、財務、ビジネス、人事、環境といったさまざまな観点から調査を行い、対象企業の不動産・金融商品について資産調査を行います。

 

デューディリジェンスは、通称「デューディリ」や「デューデリ」と呼びますが、書籍などではDDと表記します。デューディリジェンスの調査内容は多岐に渡るため、デューデリジェンスの一部を専門家やプロに依頼することが多いです。

 

※ なお、デューデリジェンスの仕組みやM&Aを成功させるデューデリジェンスについては、Awesomeでも「無料レポート」として配布する予定です。希望される方は、Awesome(オーサム)の無料登録を済ませておいてください。後日デューデリジェンスについて、より詳しく分かるレポートをお送りします。

 

人材確保を目的としたM&Aニーズに応えていく

 

ITや特定の業種に関わらず、M&Aでは「優れた人材の確保」が優先事項となります。また、買収する側も「人材獲得を目的」としたM&Aを求めることが多く、私たち売却する側は(買い手側のニーズである)人材の確保に応え、手続きを進める必要があります。

 

人材の確保、M&A後のシミュレーションを行うためにも、前項のデューデリジェンスに時間を割くようにしましょう。人材も貴重な資産であり、今後のビジネスの方向・成功・発展を支える要となります。

 

環境変化を先取り、新しい時代に沿ったサービスや技術の提供

 

テクノロジーの進化、インターネットが爆発的に普及した結果、環境変化を先取り、新しい時代に沿ったサービスや技術の提供が求められるようになりました。M&Aでも、こうした時代の流れに対応できる企業・ビジネスモデルが求められています。

 

AI、IoTなどの「第四次産業革命」を見据え、他社にはない技術や製品を提供

 

前項と共通しますが、AI、IoTなどの「第四次産業革命」を見据え、他社にはない技術や製品を提供する企業は、M&Aにおいても大きな資金を得てEXITすることができます。

 

友好的なM&A、事業承継のため既存の企業を尊重する

 

友好的なM&A、事業承継を進めるためにも、既存の企業を尊重する姿勢や考えを持ちましょう。また売り手企業だけでなく、作り手など働く人、顧客のため「すべての関係者が良い結果」に満足できるよう、契約や手続きを進める必要があります。

 

M&A開示の際の従業員や取引の反応を予測・行動する

 

M&AによるEXITを進める前に、まずはM&A開示の際、従業員や取引の反応を予測・行動し、優秀な人材が流出しないよう交渉を進める必要があります。

 

優れたM&A業者を選定、自社にふさわしい業者に仲介を依頼する

 

ここまでの作業、交渉術、戦略は、すべてM&A仲介業者や事業売買のプロと相談しながら進められます。優れたM&A業者を選定、自社にふさわしい業者に仲介に依頼をすることで、高値での売却や(相手との)交渉を円滑に進めることができ、M&AによるEXITを成功に導くことができます。

 

IT企業売買|いくらで売れるのか?2017年〜2018年の成功事例

 

IT関連企業は、高値で売買されています。「いくらで売れるのか?」みなさんも気になるところでしょう。そこで本項では、2017年〜2018年の成功事例を3つ紹介したいと思います。

 

IT企業売買の成功事例① 資金調達プロが6億2,000万円で譲渡される

 

株式会社ユービジョンが2015年にリリースした「資金調達プロ」は、資金調達に関する記事を紹介するメディアでした。ただ、運営わずか3年で、東証一部上場企業起業に6億2,000万円で売却・譲渡されました。

 

6億2,000万円でWEBサイトをM&Aで売却!そのノウハウを起業家&投資家マッチングサイトで公開

ファウンダー株式会社(CEO:福田 拓哉)は、前進である株式会社ユービジョンが運営していた業界特化型ポータルサイト「資金調達プロ( https://shikin-pro.com )」を、リリースから3年後の2018年1月に、東証一部上場企業に6億2000万円で売却しました。このたび、そのM&Aの実録を起業家と投資家を結ぶマッチングサイト「Founder」内で公開しましたのでお知らせします。

PR TIMES(ファウンダー株式会社 2018年7月5日)掲載分より

 

なお、資金調達プロが譲渡された経緯、全記録は以下のレポート内に詳細が記されています。

 

関連記事:【サイトM&A】30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却した全記録

 

IT企業売買の成功事例② スタートトゥデイがVASILYを20億円で譲受る

 

ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイ(株式会社スタートトゥデイ、代表取締役社長 / 前澤 友作)は、ファッションコーディネートアプリの事業で知られるVASILY社を約20億円で買収。完全子会社化を成功させました。

 

VASILYは、200以上のECサイトからファッションアイテムを、ユーザーが自由に組み合わせてコーディネートを作成できるサービス「IQON(アイコン)」の運営で知られており、今回の子会社化がZOZOの新たなサービス・成長を促進することは間違いありません。

 

関連記事:スタートトゥデイ、ファッションメディア「IQON」などを手がけるVASILY社を完全子会社化(株式会社スタートトゥデイ)

 

IT企業売買の成功事例③ ヤフーが93億円でdelyを連結子会社化

 

dely株式会社は、レシピ動画サービス「kurashiru」で知られる大手企業です。既に1,200万のダウンロード、ユーザー数は290万人を突破しています。

 

ヤフーが93億円でdelyを連結子会社化したのは、Yahoo!の動画コンテンツを充実化させること。また、異なるユーザー層へのリーチや新規事業の発展を見据えてのことでした。

 

関連記事:dely株式会社への資本参加および戦略的パートナーシップの構築について(Yahoo!株式会社)

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awsome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

 

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

IT企業を10億円以上で売却したら、実現すること&叶うこと

 

IT企業を10億円以上で売却したら、実現すること&叶うことの一例をまとめてみました。

 

IT企業を10億円以上で売却したら、実現すること&叶うこと(一例)
☑ 資金を得ることで次の起業、M&Aに向けて準備ができる
☑ 今資金を得ることで、自由な時間が手に入る
☑ より大きな事業やビジネスに踏み出せる
☑ やりたいこと、集中すべき事業に資金が投入できる
☑ より優秀な人材を集め、雇うことができる
☑ 設備投資、事業拡大に資金が使える
☑ 研究・調査に予算が掛けられる
☑ アントレプレナーとしての実績が得られる
☑ 起業家としてより大きなステージが目指せる

 

いかがでしょうか。ザッと予測できる範囲で「10億円以上で売却できれば」実現すること&叶うことを挙げてみました。

 

IT企業の買収、M&Aサービスを積極的に活用したい

 

IT企業を売買するには、M&Aサービスを活用することです。M&A業者を依頼すれば、匿名での調査、守秘義務に基づいた話し合いが行われるほか、相場よりも遙かに高い値段で売却が行えます。

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awsome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

IT企業が億単位の資金を手に入れるには「連続起業」を目指すべき!

 

IT企業が億単位の資金を手に入れるには「連続起業」を目指すべきです。連続起業とは、M&AによるEXITを一度きりで終わらせるのでは無く、会社を売っては起業し、また事業価値が高まったタイミングで売る…といった流れを続けてみれください。

 

EXITを二回、三回と繰り返す内に(手続きにも慣れますが)M&Aに対するイメージも和らぎ「いつでも手軽にM&Aをする」習慣が身に付きます。

 

M&Aサービスおすすめの3社を紹介!

 

最後に経営者の間で評価が高い『おすすめM&Aサービス』を3社ピックアップして、紹介したいと思います。

 

おすすめM&Aサービス3選!

① Awesome(オーサム)
② おすすめM&Aサービス5選!
③ おすすめM&Aサービス5選!

 

①〜⑤のサービスや内容について、順に見て行きましょう。

 

① Awesome(オーサム)

 

Awesome(オーサム)は、1億円以上のWEBサイト売却に特化した「サイトM&A」のエキスパートです。Awesomeでは、WEBサイト、アプリ、メディアのコンテンツを最低1億円、高ければ数十億規模の資金でM&A仲介、M&Aコンサルティングを行っています。

 

Awesome(オーサム)の事業概要

区分 詳細
事業内容 M&A仲介、M&Aコンサルティング
会社名と代表者 株式会社ストライク

代表者 福田 拓哉

特徴 WEBサイトの高額売買・高額案件に特化。1億円以上の売却はもちろん、数億円規模の高値での売却をサポート
所在地 東京都新宿区新宿1-3-5 新進ビル3階
公式サイト https://awesome-ma.com

 

Awesome・オーサムの詳細は、以下「公式サイト」を参照してください。

 

参考リンク:Awesome・オーサム(公式サイト)

 

② 株式会社ストライク

 

株式会社ストライクは、業界でも老舗のM&A会社です。周りよりも高い知識と専門性によって、各クライアントの心情を測り、M&Aを成功へと導きます。

 

株式会社ストライクの事業概要

区分 詳細
事業内容 M&A仲介、M&Aコンサルティング
会社名と代表者 株式会社ストライク

代表:荒井 邦彦 (公認会計士/税理士)

特徴 公式サイトでは、M&Aの最新情報も豊富に提供。案件情報や実績、過去の事例から、自社の状況に合う「M&Aの形」が理解できる。
所在地 〒100-0004東京都千代田区六番町3番地 六番町SKビル5F
公式サイト http://www.strike.co.jp/

 

株式会社ストライクの詳細は、以下「公式サイト」を参照してください。

 

参考リンク:株式会社ストライク(公式サイト)

 

③ 日本M&Aセンター

 

日本M&Aセンターも、M&A仲介のほか、MBOや企業再生支援、経営計画コンサルティングなど、お願いしたい項目やサービスが多くあります。なお全国の大手金融機関との繋がりがあり、コーポレートアドバイザリーのほか、資本政策・経営計画コンサルティングなども受けられます。

 

日本M&Aセンターの事業概要

区分 詳細
事業内容 M&A仲介、PMI支援、企業評価の実施、MBO支援、企業再生支援、コーポレートアドバイザリー、資本政策・経営計画コンサルティング、企業再編支援
会社名と代表者 日本M&Aセンター

代表取締役会長 分林 保弘

特徴 全国の金融機関と連携するほか、主要な会計事務所と連携を図り、多くのM&Aを成功に導いた実績あり。
所在地 〒100-0005東京都千代田区丸の内一丁目8番2号 鉄鋼ビルディング 24階
公式サイト https://www.nihon-ma.co.jp/

 

日本M&Aセンターの詳細は、以下「公式サイト」を参照してください。

 

参考リンク日本M&Aセンター(公式サイト)

 

IT企業におすすめ「サイト売買」で億レベルの資金を調達する

 

IT企業におすすめなのが、「サイト売買」で億レベルの資金を調達することです。以下のサイトでは、サイト売買で「どのように利益がでるのか」が詳しく紹介されています。

 

オススメ記事:【保存版】億単位でビジネスを売るとは?超短期間で資産家になる3つの秘訣!

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awsome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

まとめ|IT業界の経営者は「連続起業」で、より大きな資金が得られる!

 

サイト売買であれば、数億円規模の価格で売却できます。また連続起業家として「サイトを作っては売る」を繰り返すことで、国内トップクラスの経営者・資産家になれるのは間違いありません。

 

IT企業の方だけで無く、他業種の方も手軽に取り組める「サイト売買」や「サイトM&A」に取り組んでみては、いかがでしょうか。数億円レベルの売却ができるのは、サイト売買ならではの大きな魅力です!

 

著者紹介|Awesome編集部

Awsome(オーサム)は、売買金額1億円以上のWEBサイトを対象にコンサルティングとM&A仲介を行う日本最大級のサービスです。Awsome編集部は、サイト売買やM&Aのノウハウを分かりやすくお伝えします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter・RSSでも購読できます。