事業継続よりも事業売却(M&AによるEXIT)をオススメする理由は4つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業売却(M&AによるEXIT)は、事業継続よりもスピーディーに資金調達ができ「資金確保」だけでなく、新しいビジネスを始める(=起業)のにも有効な手段です。

本記事では、事業継続よりも事業売却(M&AによるEXIT)をオススメする理由を4つ紹介します。なお、億単位でビジネスを売る方法については、以下の記事が参考になります。大きな資金を必要とされる方は、ぜひ本記事と併せてご覧ください。

 

関連記事:【保存版】億単位でビジネスを売るとは?超短期間で資産家になる3つの秘訣!

 

※ なお、サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awesome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

 

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

目次

事業継続と事業売却(M&AによるEXIT)の違い

 

まずはじめに、事業継続と事業売却(M&AによるEXIT)の違いをみてみましょう。

 

事業継続とは?

 

事業継続とは、その名の通り、現在営んでいる事業を継続することを意味します。事業を継続する場合は、資金的な面も含めて、会社を今後どうしたいのか、事業の継続が可能かどうか、経営者の意欲は高いのか(または低いのか)を冷静に判断する必要があります。

 

総合的に見て、このまま事業が続けられる様であれば「事業継続」となりますが、資金的問題や後継者不足、その他の理由(例:年齢的なこと、新しい事業を始めたいなど)があれば、M&A(事業売却)を検討する必要があります。

 

M&Aとは?

 

M&Aとは「会社を譲る、譲り受ける」仕組みのことです。M&AによるEXITは、中小企業経営者の間でも広く知られ、近年M&Aによって後継者不足を解消する企業が増えてきています。

 

M&Aの仕組み(東大阪商工会議所)より

 

M&Aは通常、「M&A仲介会社」を通して売買が行われます。直接、企業同士がM&Aを進めることは少なく、専門的知識を持ったM&A会社がマッチング(仲介)やM&Aアドバイザリー業務、ファイナンシャルプランニング、デューデリジェンスなどを一手に引き受けています。

 

関連記事:【保存版】会社売買おすすめ30社!M&Aであなたの企業も確実に高額売却できる

 

事業売却(M&AによるEXIT)とは?

 

事業売却には、株式譲渡、事業譲渡などの種類がありますが『M&AによるEXIT』とは(一般的に)事業を売却または株式を譲渡し、利益を得る方法を差します。

 

事業継続よりも事業売却(M&AによるEXIT)をオススメする理由は4つ!

 

広義のEXIT(イグジット)には、ベンチャービジネスや企業再生における「投資回収」を指しており、M&AによるEXITのほか、IPO(株式公開)によって利益を得ることも含まれています。

 

M&Aによる売却をバイアウトと言いますが、バイアウトには「買占め」という意味があり、株の買い占めによる企業買収のことを「バイアウト」と呼んでいます。

 

バイアウトの種類

 

バイアウトにもMBO(マネジメントバイアウト)やLBO(レバレッジドバイアウト)などの種類があります。

 

MBO(Management Buyout)は、経営陣や従業員などが所属する企業や事業部門を買収して独立することを指します。またLBO(Leveraged Buyout)とは、買収先の資産やキャッシュフローを担保に、資金調達し買収を行う仕組みを指します。

 

このほかにも、投資家から集めた資金を使い、未公開企業や上場企業を買収し、企業価値を高めた上で、株式の公開や売却によって利益を上げる投資ファンドを、バイアウト・ファンド(Buyout fund)と言います。

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awsome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

 

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

事業売却(M&AによるEXIT)をオススメする理由は4つ!

 

事業売却(M&AによるEXIT)をオススメする理由は、大きく分けて4つあります。

 

事業売却(M&AによるEXIT)をオススメする理由は4つ!
① 資金が確保できる、短い期間で高額な資金が手に入る
② 自分自身の自由な時間を手に入れることができる
③ 後継者不足の解消、大企業の参加に入れる
④ 節税対策にも効果あり!

 

①〜④の理由について、順に見て行きましょう。

 

資金が確保できる、短い期間で高額な資金が手に入る

 

事業を売却すれば、今すぐ必要な資金が確保できます。また事業継続をして、資金が増えるのを待つ必要も無く、短い期間で高額な資金が手に入ります。これは資金が手に入るということよりも「時間を手に入れる」ということに繋がります。

 

自分自身の自由な時間を手に入れることができる

 

①でも説明した通り、短い期間で資金を手に入れれば、経営者自身に「自由な時間」が生まれます。これは大金を手に入れたから、遊んだり怠けるといった「生産性の無い」行動を薦めているのではありません。

 

次なるビジネスや起業についてアイデアを出したり、クリエイティブなことに時間が割けるといったことを指しています。

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awesome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

 

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

後継者不足の解消、大企業の参加に入れる

 

人口が減少する現代、どの分野でも「人材の確保」に苦労しています。特に中小企業経営者は「後継者がいない」といった悩みを抱え、事業継承ができないまま立ち止まっています。

 

少子高齢化の進行に伴う後継者不足によって、愛媛県内で事業承継がより重い課題として企業にのしかかっている。団塊の世代が経営の第一線から退く近い将来を見据えて、県内経済団体も対策を本格化し始めた。行政や地銀もこうした動きを後押ししている。

2018年7月25日掲載|日本経済新聞(電子版)より

 

しかしM&AでEXITを行えば、後継者不足は解消される上に、大企業の傘下に入れるなどのメリットがあります。事業は第三者に継続される上に、EXITによって資金が得られるのですから一石二鳥です。

 

節税対策にも効果あり!

 

M&AによるEXITは、節税対策にも効果があります。事業を継続した場合と、事業譲渡やM&Aでキャッシュを手にすれば、税引き後の金額を考慮しても、数年分の時間と大きな資金が得れるのですから、経営者としては「実行するほか」ありません。

 

なおM&AによるEXITで、時間を獲得することの重要性や「キャッシュを先取りする」ことの魅力については、以下のレポートが大変参考になります。

 

⇒ 【サイトM&A】30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却した全記録

 

M&Aの手法だけで無く、億単位の資金を手に入れるノウハウや考え方が身に付くので、ぜひ一読されることをおすすめします。

 

事業売却(M&AによるEXIT)の仕組み

 

事業売却(M&AによるEXIT)の仕組みは、以下の記事にて詳しく解説しています。

 

関連記事:【保存版】IT企業の売買を成功させる11のコツ!あなたの会社も10億以上で売却できるM&Aの秘訣とは?

 

M&Aの件数が国内で増えている理由

 

国内では「M&AよりもIPO(新規株式公開)の方が多い」と言われていますが、実際のIPOでは年間90社程度しか行われていません。年間約20万もの会社が設立されているなか、わずか90社というのは非常に小さな数字です。

 

M&Aの件数はうなぎ上りに増えている

 

M&Aの件数は米国では盛んに行われており、ベンチャーキャピタルから出資を受けた企業のエグジット件数は、既にIPOの数を上回っています。

 

また国内でも徐々にM&Aを行う企業が増えてきました。

 

特にIT関連でも活発にM&Aが行われています。2017年の例を上げれば、KDDIが200億円でソラコムの買収を行ったり、DMM.comが現金化アプリCASHを70億円で買収、2018年にはマネックスグループが36億円でコインチェックを買収しました。

 

さらに最近の事例で言えば、2018年8月には国内大手のJTが、バングラデシュ2位のたばこ事業を1,645億円で買収しています。また7月には、旭化成が自動車用内装材大手の米セージを791億円で買収しました。

 

より小さな規模を挙げれば、婦人靴のECサイトロコンドが1億2000万円で婦人靴の企画販売を行う三鈴商事を買収したり、レックが14億円で殺虫剤事業「バルサン」ブランドの取得を行うなど、国内でも活発にM&Aが行われるようになりました。

 

2018年上半期の大型M&A(国内)

01位:武田薬品、アイルランド製薬大手シャイアーを子会社化(6.8兆円)
02位:富士フイルムHD、米ゼロックスを子会社化(6710億円)
03位:日本たばこ産業がロシアのたばこ4位、ドンスコイを子会社化(1900億円)
04位:第一生命、米リバティライフの既存保険契約を買収(1400億円)
05位:リクルートHD、求人情報サービスの米グラスドアを子会社化(1285億円)

参考:【保存版】会社売買おすすめ30社!M&Aであなたの企業も確実に高額売却できる

 

また買収価格が数億円以下の場合は情報公開がなされず、一般に知られていないM&A件数も確実に数を伸ばしています。特に多いのが、保有するサイトやアプリを売却する「サイトM&A」のジャンルです。

 

参考記事:サイト売買を成功させる9のコツ!サイトM&Aのメリット・デメリット総まとめ

 

国内外問わず、価値あるWEBサイトやアプリなどは数億〜数十億円規模で売買されており、連続起業家が莫大な資産を築いています。

 

実際に大手企業やオールドエコノミー企業は、ベンチャー企業が持つ技術やサービス、新たなビジネスモデルを取り入れなければ存続はできません。

 

このため、ベンチャー企業は数十億円規模の大きな資金され、オールドエコノミー企業の持つ「既存領域」存続を支えているのです。

 

【最新】2018年〜2019年に注目すべきM&Aのジャンル(IT関連)

 

2018年〜2019年、これから『注目すべきM&Aのジャンル』を紹介します。ただし、すべての業種を網羅するのは難しいので、今回は「IT関連」を中心に注目すべきM&Aのジャンルをまとめてみました。

 

これから注目すべきM&Aのジャンル(IT関連)
☑ 金融系、融資など
☑ ライブ配信・動画メディア
☑ フリマアプリ・買取
☑ 求人・人材派遣(マッチング)
☑ ロボアドバイザー、資産運用
☑ 宿泊予約、民泊予約
☑ ファッションアプリ
☑ ソーシャルゲーム
☑ 教育、オンライン学習
☑ サイト売買、サイトM&A

 

それぞれの内容について、順に解説します。

 

金融系、融資など

 

金融機関から融資を受ける時代は、終わりを迎えつつあります。最近ではクラウドファンディングや、独自の基準でユーザーの資産を査定・キャッシュ化するサービスがスタートしており「フィンテックの流れ」は、一般ユーザーの間にも深く浸透しています。

 

 

実際にアメリカなど北米では、ビッグデータを元にユーザーの信用情報を管理。投資や融資をすべき人物かどうかが自動判断されており、金融機関を通さない融資が広く普及しています。

 

ライブ配信・動画メディア

 

若者を中心に情報発信に関わるコンテンツやアプリが、爆発的勢いで普及しています。

 

国内で話題のライブ配信アプリ

● 17 Live (イチナナ)

● Live.me (ライブミー)

● SHOWROOM (ショールーム)

● マシェバラトークライバー

● LINE LIVE

● Mixchannel (ミクチャ)

● JAMLIVE(ジャムライブ)

● Pococha(ポコチャ)

● CHIPS

● Stager Live

● mysta(マイスタ)

● ふわっち ほか

 

特にライブ配信系のアプリ、動画メディアは多くの視聴者やファンを取り込み、課金や投げ銭の仕組みなどで「巨額の資金」を動かしています。

 

フリマアプリ・買取

 

フリマアプリとは、オンラインで物を売買するアプリケーションのことです(iPhone/Androidで使用される)。フリマアプリを使えば、フリーマーケット感覚で、個人間での売買が行えます。

 

数年前までは、ヤフオク!などを通じて売買をするユーザーが主流でしたが、最近では手軽に出品、販売できる「フリマアプリ」に人気が集中しています。

 

国内の主なフリマアプリには、ラクマ(旧フリル)メルカリ、minne(ミンネ)などのサービスが挙げられますが、この中でトップの人気を誇るのが株式会社メルカリのフリマアプリmercari(メルカリ)です。

 

国内で話題のフリマアプリ

 

● ラクマ(旧フリル)

● mercari(メルカリ)

● ブクマ!

● minne(ミンネ)

 

メルカリの成功からも分かるように、フリマアプリは「手軽さ、キャッシュを手に入れる速さ」から国内はもとより、海外でも広く普及するようになりました。

 

 

また最近では、不要な品を現金化するCASH(キャッシュ)など、新たなビジネスモデルが成功し、大手企業が買収を行うなど、『成長分野』として大きな注目を集めています。

 

求人・人材派遣(マッチング)

 

古くからあるビジネスモデルですが、求人や人材派遣系のビジネスは、スマートフォンなどを通し、より便利に進化を遂げています。例えば、各ユーザーの希望条件に合わせた案件の紹介など、「マッチング機能」がフルに活用されています。

 

ロボアドバイザー、資産運用

 

資産運用・資金運用の分野が、大きく伸びています。年金など老後の心配をする人が増えていること。また、本業の収入以外にも、副収入を得たいと考える層が増えているからです。

 

 

こうした背景を踏まえ、ロボアドバイザーや自動売買の仕組みを活かした「資産運用サービス」の需要が高まっています。

 

参考記事:ロボアドバイザーを使った国際分散投資で、1億円の資金を調達しよう!

 

宿泊予約、民泊予約

 

2020年の東京オリンピックを控え、宿泊施設の拡大、予約システムの整備が急ピッチで進められています。こうした流れを踏まえ、宿泊予約や民泊予約に関するアプリ、その他「交通系サービス」は需要が高まるでしょう。

 

ただし、国内では民泊に対する規制が厳しいため、海外のように大きなビジネスに繋がるのかは疑問が残ります。しかし、富裕層向けの宿泊・ダイニング予約サービスは、日本人だけでなく外国人観光客からも一定の需要が望めます。

 

ファッションアプリ

 

ファッションアプリは、コーディネートを提案するサービス、アイテムのレンタルアプリ、コーディネート投稿サービス、ファッション記事のまとめアプリなど、さまざまな形で展開されています。また「成長するサービス」については、大手アパレルが買収に乗り出すなど、大きな資金が動いています。

 

ソーシャルゲーム

 

課金タイプのゲームは一時期よりも下火になったものの、無料で遊べるアプリやゲームは、人気が出れば出る(ユーザー数が増える)ほど、大きな広告収入が獲得できます。

 

教育、オンライン学習

 

教育関連のジャンルは、時代に関係無く、ビジネスとして成立しやすい分野です。なぜなら、人の知識欲は枯れることが無く、学習をすることは単なる受験や、資格の取得、外国語習得に限らず、「知的欲求」を満たすものだからです。

 

特に最近では、動画配信など、オンライン教材・オンライン授業などの分野が急成長しており、子どもから大人まで、幅広い世代から需要があります。

 

サイト売買、サイトM&A

 

サイト売買、サイトM&Aは「WEBサイトを売買」することですが、広義ではアプリなどのコンテンツ売買も「サイトM&A」と呼んでいます。

 

高額サイト売却とは何か、WEBサイトはいくらで売却できるのか?

 

サイト売買は個人が育てブログやサイトを売買することもあれば、ある程度規模の大きなコンテンツやサイトが売買されることもあります。

 

また一定数アクセスの稼げるサイト、質の高いユーザーを抱えたサイトは、大手企業が買収を希望するなど、高値での売却が可能です。

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awesome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

 

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

事業売却(M&A)なら、会社は数億円規模の高値で売れる!

 

M&Aを正しく進めれば数億、数十億規模の高値で売却できます。なお、事業売却でいくら手に入るのか(いくらで会社が売れるのか)は、以下の記事にて詳しく解説しています。ぜひ、本記事と併せてご覧ください。

 

関連記事:高額サイト売却とは何か、WEBサイトはいくらで売却できるのか?

 

事業売却でおすすめのM&A会社3選!

 

M&Aの仲介業者は、数多く存在するため「どの業者を選べば良いのか分からない…」といった声を聞きます。そこで本記事では、中小企業経営者の間で評価が高いM&A業者を3社紹介しましょう。

 

関連記事①:【保存版】会社売買おすすめ30社!M&Aであなたの企業も確実に高額売却できる

関連記事②:【最新】企業売買・M&A会社33選!売却前に必ず見るべき無料ノウハウまとめ

 

オススメM&A業者① Awesome(オーサム)1億円超えのWEBサイト売買に特化

 

Awesome(オーサム)は、WEBサイト売買(サイトM&A)に特化したM&A業者です。IT関連・WEBサイト、アプリやWEBサイトに関係するサービスであれば「数億円レベル」で売却できるようサポートしてくれます。

 

Awesome(オーサム)の事業概要

区分 詳細
事業内容 M&A仲介、M&Aコンサルティング
会社名と代表者 株式会社ユービジョン代表:福田 拓哉
特徴 WEBサイト売買、サイトM&Aアドバイザリー業務
所在地 〒100-0004東京都千代田区六番町3番地 六番町SKビル5F
公式サイト http://www.strike.co.jp/

 

Awesome(オーサム)のM&AコンサルティングとM&Aマッチングを受ければ、保有するWEBサイトやIT関連サービスが高値で売れるでしょう。Awesome(オーサム)の詳細は、以下「公式サイト」を参照してください。

 

参考リンク:売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

オススメM&A業者② 株式会社ストライク|国内最大手のサービス

 

株式会社ストライクは、国内最大手のM&A仲介業者です。M&Aの仲介をはじめ、M&A市場の運営、企業価値の評価、企業価値向上に関するコンサルティング、財務コンサルティング、デューデリジェンス業務など、M&Aに関わる全てのサービスを行っています。以下、株式会社ストライクの概要をまとめておきます。

 

株式会社ストライクの事業概要

区分 詳細
事業内容 M&A仲介、M&Aコンサルティング
会社名と代表者 株式会社ストライク代表:荒井 邦彦 (公認会計士/税理士)
特徴 M&Aのほかにも
所在地 〒100-0004東京都千代田区六番町3番地 六番町SKビル5F
公式サイト http://www.strike.co.jp/

 

株式会社ストライクの詳細は、以下「公式サイト」を参照してください。

 

参考リンク:株式会社ストライク(公式サイト)

 

オススメM&A業者③ 日本M&Aセンター|金融機関との繋がりが強い

 

日本M&Aセンターは、国内有数のM&A仲介業者です。特に同社は金融機関との関係性に優れ、全国の銀行や信用金庫との交渉に長けています。以下、日本M&Aセンターの概要をまとめてみました。

 

日本M&Aセンターの事業概要

区分 詳細
事業内容 M&A仲介、PMI支援、企業評価の実施、MBO支援、企業再生支援、コーポレートアドバイザリー、資本政策・経営計画コンサルティング、企業再編支援
会社名と代表者 日本M&Aセンター代表取締役会長 分林 保弘
特徴 全国の会計事務所と幅広いネットワークを持ち「情報量」を活かしたマッチングや仲介を得意とする。また全国の金融機関との繋がりも深く、ファイナンシャルプランニングにも対応。多くのM&Aを成功に導いた実績を持つ。
所在地 〒100-0005東京都千代田区丸の内一丁目8番2号 鉄鋼ビルディング 24階
公式サイト https://www.nihon-ma.co.jp/

 

日本M&Aセンターの詳細は、以下「公式サイト」を参照してください。

 

参考リンク日本M&Aセンター(公式サイト)

 

④ M&Aマーケット|日本最大級の会社売買情報サイト

 

M&Aマーケットは、全国の売り手企業と買い手企業を結び付ける日本最大級のマッチングサイトです。

 

 

ここでは、理想とする売り手・買い手市場を全国から探すことができ、多彩な業種(ITやWEB関連も含む)から企業を探し、買収や事業提携など、M&Aがのマッチングが行われています。

 

M&Aマーケット事業概要

区分 詳細
事業内容 M&A仲介(M&Aマッチング)
会社名と代表者 M&Aマーケット株式会社

代表者:福田 拓哉

特徴 全国の会計事務所と幅広いネットワークを持ち「情報量」を活かしたマッチングや仲介を得意とする。また全国の金融機関との繋がりも深く、ファイナンシャルプランニングにも対応。多くのM&Aを成功に導いた実績を持つ。
所在地 住所:東京都新宿区新宿1-30-16-1904
公式サイト https://ma-market.com/

 

M&Aマーケットの詳細については、以下公式サイトをご覧ください。

 

公式サイト:M&Aマーケット

 

事業売却(M&AによるEXIT)の注意点

 

最後に、事業売却(M&AによるEXIT)の注意点をまとめておきます。

 

事業売却(M&AによるEXIT)の注意点
☑ オファーがあっても、言い値ですぐに売却しないこと(交渉の余地あり)
☑ 事業を売却した後、買手が困らないような、継承計画を立てること
☑ M&A後に揉めないよう、M&Aの仲介業者や法律に強いプロに相談すること

 

これらの点に注意し、事業売却は「より良い形」でクローズできるよう工夫をしましょう。また専門知識を持ったスペシャリストやM&A業者を挟めば、事業を高値で売却できます。資金調達の意味でも、M&A業者を上手に活用してください。

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awesome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

事業売却の仕組みが分かるおすすめ記事

 

最後に事業売買の仕組みが分かるおすすめ記事をあつめてみました。

 

・ 【最新】企業売買・M&A会社33選!売却前に必ず見るべき無料ノウハウまとめ

・ 【企業売買】あなたの会社を10億円以上で売るために必要な20のM&Aノウハウまとめ

・ 【保存版】会社売買おすすめ30社!M&Aであなたの企業も確実に高額売却できる

 

このほか、サイトM&A(WEBサイト売買)によるEXITについては、以下の記事が参考になります。

 

・ 高額サイト売却とは何か、WEBサイトはいくらで売却できるのか?

・ 【サイトM&A】30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却した全記録

・ CNET JAPAN|WEBサイトをM&Aで売却!そのノウハウを起業家&投資家マッチングサイトで公開

 

まとめ|事業売却(M&AによるEXIT)は、オススメの資金調達法!

 

事業売却(M&AによるEXIT)は、オススメの資金調達法です。2018年には、注目すべきM&Aの種類も多く、誰もが簡単に「事業売却できる」仕組みが整いつつあります。みなさんも事業売却で、事業や起業に必要な資金をどんどん手に入れてください!

 

著者紹介|Awesome編集部

Awsome(オーサム)は、売買金額1億円以上のWEBサイトを対象にコンサルティングとM&A仲介を行う日本最大級のサービスです。Awsome編集部は、サイト売買やM&Aのノウハウを分かりやすくお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter・RSSでも購読できます。