ユーザー目線で作られたサイトが「世の中を良くする」理由は5つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザー目線でサイトを作成するのは、サイト作成「基本中の基本」です。ユーザーよりも利益を追求し、サイトの中身がスカスカでは、サイトを訪れる人から「サイト自身」が嫌われてしまいます。このためユーザー目線(ユーザーファースト)でのサイト作成やコンテンツ制作は、長い目で見ても、サイト制作者が必ず取り入れるべき手段です。

本記事では、ユーザー目線で作られたサイトが「世の中を良くする」理由を5つ紹介します。

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awsome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

 

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

ユーザー目線で作られたサイトの特徴は3つ!

 

ユーザー目線で作られたサイトの特徴は、大きく分けて3つあります。

 

ユーザー目線で作られたサイトの特徴
☑ 欲しい情報が得られる、期待していた以上の情報が盛り込まれている
☑ デザインが美しい、文章が読みやすい、画面がスッキリと見やすい
☑ 知識欲を刺激する、もっと読みたいと感じる(リピート)

 

それぞれの特徴について、順に見て行きましょう。

 

欲しい情報が得られる、期待していた以上の情報が盛り込まれている

 

ユーザー目線で作られたサイトは、欲しい情報が得られるのはもちろんのこと、期待していた以上の情報が盛り込まれています。

 

例えば、Googleで「梅酒の作り方」について調べていたとします。

 

優れたサイトであれは、梅酒の作り方について、必要な材料から、梅酒に適した梅の品種、どこで梅が買えるのか、梅酒の作り方を写真やイラストで説明したり、作り方がより詳しく分かるよう、動画などもを加えることでしょう。

 

 

また、梅酒を作るのに必要な道具や書籍が買えるよう、Amazonや楽天市場、そのほか通販サイトのリンクを貼って、読者の欲求が120%満たされるよう工夫します。

 

このほかにも、旅行について調べている人には、予算や日程に合わせた旅行のプラン、現地の天気や安全情報、必要なもの、旅行鞄、現地情報の動画、Googleマップ、交通情報、お土産、オススメの飲食店やレストラン、人気のホテルや旅館なども紹介するはずです。

 

優れたサイトは、どのようなテーマに対しても「ユーザーが欲しい情報」を全て満たせるよう、情報を盛り込み提供します。これが、ユーザー目線で作られたサイトに共通する特徴です。

 

デザインが美しい、文章が読みやすい、画面がスッキリと見やすい

 

ユーザー目線で作られたサイトは、デザインが美しく、見ていてストレスがありません。また文章の配分も工夫されており、画面がスッキリと読みやすい印象を持ちます(=読み心地が良い)。

 

例えば、同じ文章があったとします。まずは【文章A】を読んでみてください。

 

【文章A】

ユーザー目線でサイトを作成するのはサイト作成「基本中の基本」です。ユーザーよりも利益を追求しサイトの中身がスカスカではサイトを訪れる人から嫌われてしまいます。ユーザーファーストのサイト作成やコンテンツ制作は長い目で見ても必ず取り組むべき手法です。ユーザー目線で作られたサイトはデザインが美しいです。また文章が読みやすく工夫されており画面がスッキリと見やすい印象を持ちます。

 

次に【文章B】を読んでみてください。

 

【文章B】

ユーザー目線でサイトを作成するのは、サイト作成「基本中の基本」です。ユーザーよりも利益を追求し、サイトの中身がスカスカでは、サイトを訪れる人から嫌われてしまいます。

 

ユーザーファーストのサイト作成やコンテンツ制作は、長い目で見ても(サイト制作者が)必ず取り組むべき手法です。ユーザー目線で作られたサイトは、デザインが美しいです。

 

また文章が読みやすく工夫されており、画面がスッキリと見やすい印象を持ちます。

 

いかがでしょうか? AとBでは「読みやすさ」が、全く違うのが分かるでしょうか? 単純なことですが、改行をしたり、重要な部分に色を付けたりするだけでもグッと文章が読みやすくなりますね。

 

 

これに画像を加えたり、写真をプラスすると、さらに内容が良くなります。また最近では、パソコンよりもスマートフォンから記事を読む人や、サイトを覗く人が増えています。このため、パソコンの画面上だけでなく、スマホで「どのように見えるのか」も欠かさずチェックしてください。

 

知識欲を刺激する、もっと読みたいと感じる(リピート)

 

先の2つでは、ユーザーの欲しい情報を提供する&ビジュアル面を工夫するといった手法を紹介しました。この2点にプラスして欲しいのが、ユーザーの『知識欲を刺激する』手法です。

 

先の2つはサイトを作る上で、基本中の基本です。これ以上に「魅力あるサイト」を作るには、他のサイトよりも「優れた特徴」を持たせ、もっと読みたいと感じる「新しい情報」を設けてください。

 

私たちは(個人差はあれども)誰もが「もっと知りたい、もっと詳しく理解したい」という知識欲を持っています。こうした知識欲を刺激する、新しい情報や独自の情報を提供することで、読者やユーザーが「また来たい」と思うサイトへと成長します。

 

店舗経営でも同じですが、サイト運営では「リピーターの獲得」が何よりも重要です。ユーザーが飽きないよう、常に新しい情報を盛り込み、記事はこまめに更新を行ってください。

 

頻繁に記事をリフレッシュしておけば、Googleも「新しい情報が多く、ユーザーが喜ぶサイト」として高く評価してくれます。

 

WEBサイトも美しいだけじゃダメ!

 

先に「サイトは美しさや見やすさが重要」と言いましたが、WEBサイトも美しいだけでは「ダメ」です。バランスが難しいのですが、美しさばかりを追求し「ユーザーが使い辛い」サイトが存在します。

 

最近では、優れたソフトウェアや無料ツールのおかげで、素人でも簡単に美しいサイトが作れるようになりました。

 

 

しかし、美しいサイト=使い勝手が良い訳ではありません。実際にビジュアルばかり追求し、どこに何があるのか、サイトマップを見なければ「欲しい情報にたどり着けない」といった面倒なサイトが増えているのです。

 

ユーザーが「求めている情報」が一目で理解できなければ、サイトを訪れるユーザーは少なくなり、結果サイト自身の評価も低くなってしまいます。WEBサイトは、ビジュアル面だけでなく、サイトの「使い勝手」も追求してください。

 

ユーザー目線で作られたサイトが「世の中を良くする」理由は5つ!

 

ユーザー目線で作られたサイトが「世の中を良くする」理由は、大きく分けて5つあります。

 

ユーザー目線で作られたサイトが「世の中を良くする」理由は5つ!
① 読者の役に立つ有益な情報が無料で提供できる
② 無償で与えることが、お金に換えられない価値を生む
③ 良い情報だけが残る(価値あるサイトだけに淘汰されていく)
④ 第三者の知識欲を満たすことができる
⑤ 正しい知識は、次なる知識を開く門になる

 

①〜⑤の内容について、順に解説しましょう。

 

世の中を良くする理由① 読者の役に立つ有益な情報が無料で提供できる

 

ユーザー目線で作られたサイトには、読者の役に立つ有益な情報が豊富に盛り込まれています。テレビや雑誌離れが進むのは、こうした『ネット上での情報』が充実しているからです。

 

メディアを超える「優れた情報」が無料で提供されれば、誰もがお金を掛けずに有益な情報が得られます。これは「世の中を良くする」第一歩と言えるでしょう。

 

世の中を良くする理由② 無償で与えることが、お金に換えられない価値を生む

 

①と共通しますが、優れた情報を無償で与えることは多くの「人の役」に立ちます。無料で優れた情報を提供するということは「お金に換えられない価値を生む」ことへと繋がります。

 

また、より良い情報を提供することは、多くのファンを引き寄せ、リピーターとしての読者を獲得することになります。

 

 

世の中を良くする理由③ 良い情報だけが残る(価値あるサイトだけに淘汰されていく)

 

インターネットが生まれた頃とは違い、ネットでの情報には「ステマ、やらせ、デマや嘘の情報」が氾濫するようになりました。残念ながら利益を追求するため、読者数を水増ししたり、お金でユーザーを買うようなサイトやサービスも出回っています。

 

ただ「ブラックハット的」サイトの命は長くありません。2018年7月には、業者のアカウント(お金で買えるユーザー)、偽のアカウント、ねつ造ユーザーなどはTwitter上から削除されました。

 

【ニューヨーク共同】米短文投稿サイトのツイッターは11日、利用者のフォロワーから偽アカウントを世界で削除すると発表した。フォロワー数の水増し防止が狙い。米紙ニューヨーク・タイムズ電子版によると、削除数は数千万件に上る見通しで、削除は12日に始まる。

毎日新聞2018年7月13日掲載記事より

 

このように偽アカウントや、作られたユーザー、嘘の情報等は淘汰され、良い情報だけが残るよう「時代の流れ」は変わりつつあります。2018年以降も引き続き、価値あるサイトだけが残っていくでしょう。

 

また、過去にアクセスを集めていたサイトが「古い方法」では、読者を集めることができず、いわゆる「ブラックハット」などの手法は全く通用しなくなります。これは、真面目にサイト作りをしている層にとっては朗報です。

 

世の中を良くする理由④ 第三者の知識欲を満たすことができる

 

より良い情報の提供は、第三者の知識欲を満たす役目を果たします。知識は新たな「探究心」を育みます。そして、革新的なアイデアやクリエイティブな意見が飛び交うようになり、ユーザーの意見や行動がサイト上で活発化します。

 

サイトが賑わうことで、サイトのアクセス数が上がるのはもちろん、優れたユーザーが集うサイトへと成長していくことでしょう。

 

世の中を良くする理由⑤ 正しい知識は、次なる知識を開く門になる

 

前項④に続きますが、正しい知識は、次なる知識を開く門(ポータル)として機能します。優れたサイトが、また別のサービスを生み出すキッカケにもなるでしょう。これはサイトM&Aを目指す上で、大きな「成功のキッカケ」となります。

 

またサイト運営者自身も(サイトの中から)新しいアイデアやクリエイティブな発想を得ることができるでしょう。

 

ユーザー目線でサイト作成|チェックしたい3つのポイント

 

ユーザー目線でサイトを作る際、チェックしたいのが以下『3つのポイント』です。

 

ユーザー目線でサイト作成|チェックしたい3つのポイント
☑ どのようなユーザー層をターゲットにしているのか(サイトユーザー)
☑ どのような状況で使われたいのか(サイトの方向性)
☑ ユーザーに期待すること(サイトを作る目的)

 

サイトを作る前に、まず『サイトマップ』を作成すると思いますが、ターゲット層やサイトの方向性、サイトを作る目的がハッキリしなければ、サイトを作る側だけでなく、サイト訪問者にも迷いが出てしまいます。

 

唯一3つ目にある「ユーザーに期待すること」は、サイト作成側の「利益」の部分に関わってきますが、この部分は最後にもってこないと「ユーザーの意思を無視」したサイトになってしまうので、バランスを取る必要があります。

 

ユーザーの欲求 > サイト作成者の欲求

 

この比重だけは、絶対に変えないようにしましょう。サイト作成者の欲求ばかり強くなると、役に立つサイトどころか「作成者の利益」部分だけが目に付くサイトとなります。

 

ただでさえ、ネットユーザーは「商売っ気」に敏感なところがあります(例:ステルスマーケティングなど)。サイトが批判にさらされないよう、ユーザー目線で「万人に役立つ情報」を発信するサイト、無料で提供できる情報がなるべく多いサイトを作成しましょう。

 

ユーザー目線を無視したサイトの顛末

 

偽の情報、無益な情報をただ並べているだけでは、ユーザーは集まらず、良い評価は一向に得られません…。一昔前までは、不自然なリンクを大量に貼って、アクセス数を稼ぐようなサイトもありましたが、現在の状況では「マイナス」どころか、Googleやユーザーから嫌われてしまいます。

 

特に、最近のユーザーはやらせやステマ(ステルスマーケティング)に対して敏感になっており、自作自演のサイトやユーザーの欲求を無視したサイトは炎上し、時代の流れによって消えゆく運命にあります。

 

 

つまり、結果ユーザー目線を無視したサイトは、検索にも引っ掛からず、ユーザーが寄りつかない「廃墟」と化してしまうのです。

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awsome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

ユーザー目線で役に立つサイトの作り方

 

ユーザー目線でサイトを作る方法は、カンタンです。まず「テーマ」を決めたら、ユーザーが何を求めているのか徹底的にリサーチします。

 

テーマを探すのに、雑誌など紙媒体を参考にするのも一つのアイデアです。雑誌は「ネットよりも情報の鮮度が落ちる」のは仕方がありません。しかし、比較的鮮度のある、週刊誌や月刊誌を参考にすれば、世の中の「多数派が何を求めているのか」ユーザーの欲求が、大まかに理解できます。

 

このほか、ユーザー目線で役に立つサイトの作り方ですが、以下のレポートを参考にすると良いでしょう。

 

【サイトM&A】30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却した全記録

 

またレポート以外にも、以下の書籍で「ユーザー目線で役に立つサイトの作り方」や、サイト運営者が知っておくべき「知識」が詳しく書かれています。

 

売れるサイトの作り方と高値で売却するノウハウをまとめた書籍が発売

 

まとめ|ユーザー目線でサイトを作れば「価値の高いサイト」に育つ

 

いかがでしたか? ユーザー目線でサイトを作れば「価値の高いサイト」に育つだけでなく、多くの人に優れた情報を提供することができます。世の中の役に立つことは、自然と自分自身の心を豊かにします。また口コミでサイトの人気が高まれば、自然と価値のあるサイトへと成長するものです。収益や報酬のことばかり追求するのでは無く、まずは「皆の役に立てる」サイト作りを目指しましょう。

 

著者紹介|Awesome編集部

Awsome(オーサム)は、売買金額1億円以上のWEBサイトを対象にコンサルティングとM&A仲介を行う日本最大級のサービスです。Awsome編集部は、サイト売買やM&Aのノウハウを分かりやすくお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter・RSSでも購読できます。