【保存版】億単位でビジネスを売るとは?超短期間で資産家になる3つの秘訣!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

億単位でビジネスを売るのは、個人でも実現可能なことです。実際、中小企業や大手企業に限らず、小規模サイトの運営者が数千万〜数億の価格でビジネスを売却、短期間で『国内有数の資産家』へと転身しています。

特に驚くべきは、10代〜20代の若手起業家達です。近年では中学生や高校生が在学中に起業し、わずか数年で「連続起業家」として成功。数億円規模の資金を手に入れています。

 

そこで本記事では『超短期間で資産家になる3つの秘訣』を紹介し、億単位でビジネスを売る方法を伝授します。資金調達でお困りの方、既存の事業を売却し、新たな事業を展開したい方は、本記事をぜひ参考にM&Aを成功させましょう!

 

関連記事:超少数精鋭で超高収益なビジネスを作り上げる最大のメリット

 

WEBサイト専門M&Aサービスの詳細について

サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awesome(オーサム)の利用がオススメです!Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現! 仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

目次

億単位でビジネスを売る方法(M&AによるEXITと連続起業)

 

億単位でビジネスを売る方法として、最も良く知られているのがM&AによるEXITです。またM&Aを一度きりで止めるのでは無く、起業をしては高値で売り、再び起業しては売る…といった「連続起業」は大きな利益を生み出します。

 

億単位でビジネスを売る方法
① M&A(事業売却)を行う
② M&Aで得た資金を使い、新たな投資やビジネスを始める
③ 再びM&Aを行う、事業を売却する

 

①〜③の内容について、順に解説しましょう。

 

① M&A(事業売却)を行う

 

まず、保有する企業の価値を調査し、M&A業者にサポートを依頼。相手先を選定・仲介を受けた後、話し合いと契約、双方が合意に至った段階で契約を結び、M&A(事業売却)を行います。⇒ ②に続く

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awesome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

② M&Aで得た資金を使い、新たな投資やビジネスを始める

 

①のM&Aで得た資金を使い、新たな投資やビジネスを始めます。なお、①で得る資金は数千万〜1億円程度かもしれませんが、この後のステップで資金を増やすことができます。

 

③ 再びM&Aを行う、事業を売却する

 

②で新しい事業を興した後は、再び企業価値が高まるよう「会社を育てて」行きます。そして、価値が上がったところで再びM&Aを行い事業を売却します。連続起業家(シリアルアントレプレナー)は、①〜③の流れを何度も繰り返し、資金を徐々に積み上げているのです。

 

国内の有名なシリアルアントレプレナー(連続起業家)

 

ここからは、国内の有名なシリアルアントレプレナー(連続起業家)を紹介します。

 

堀江 貴文

 

堀江 貴文氏は、1996年に有限会社オン・ザ・エッヂ(ライブドア)を設立。2000年にはマザーズ上場するも2006年4月「証券取引法違反」により上場廃止、2006年1月に証券取引法違反の容疑で逮捕されてしまいます…。しかし、収監中・釈放後もカリスマとしての才能は留まることを知らず、宇宙開発事業、エンジェル投資家、連続起業家として国内外のファンを魅了しています。

 

参考リンク:ホリエモンドットコム|堀江貴文

 

家入 一真

 

家入 一真氏は、2003年に有限会社paperboy&co.を設立。2004年に株式会社となり、2008年12月にJASDAQ史上最年少で上場を果たしました。その後もCAMPFIRE、ものづくり集団Livertycreww株式会社を設立、現在はCAMPFIRE代表取締役、BASE取締役、XIMERA代表取締役として活動を行っています。

 

有安 伸宏

 

有安 伸宏氏は、習い事のマーケットプレイスCyta.jpを運営後、クックパッドに全株式を売却。現在はTokyo Founders Fundを運営するほか、エンジェル投資家としても広く活動を行っていあます。

 

参考リンク:Tokyo Founders Fund

 

谷井 等

 

谷井 等氏は、1997年9月に合資会社DNSを共同設立。インフォキャスト株式会社に改組後、2000年に同社を楽天に売却しています。また2009年9月インデックスデジタルを設立し、2006年7月にはインデックスデジタルを吸収。自社グループの商号を変更し、シナジーマーケティング株式会社と変更しました。

 

参考リンク:シナジーマーケティング株式会社

 

津田 全泰

 

津田 全泰氏は、2003年9月に旅行口コミサイトフォートラベルを設立するも2004年にはカカコクコムに売却。2008年1月ヨセミテを創業したが業績が振るわず撤退。その後2014年3月には旅行メディアトリップノートを設立現在に至ります。

 

参考リンク:トリップノート

 

直江 文忠

 

直江 文忠氏は、2014年4月Kibow Asia Pte. Ltd.を創業。2015年4月にサイバーエージェント・ベンチャーズをはじめ、個人投資家から約1億円の資金を調達しました。

 

平石 郁生

 

平石 郁生氏は、国内のほかシリコンバレーやロンドン、ベルリンで活動をする連続起業家。1991年クリードエクセキュート設立後、2000年3月にはインタースコープを設立するが、2007年にインタースコープをヤフーに売却している。

 

その後、2011年3月には株式会社サンブリッジGVH東京オフィサーに就任。2012年1月サンブリッジグローバルベンチャーズを設立。2017年7月1日、同社代表取締役社長を退任するも、2017年7月にはドリームビジョンを再始動しています。

 

平野 未来

 

平野 未来氏は、東京大学大学院在学中にエンジニア 4名でネイキッドテクノロジーを共同創業。ミドルウェアを開発・運営していたが2011年にミクシィに売却。その後、2012年にアプリ開発会社Cinnamonを設立(シンガポール)。2013年には開発拠点をベトナムに移り、現在はタイや台湾にも活動拠点を広げています。

 

古川 健介

 

古川 健介氏は、2000年に学生向けコミュニティ「ミルクカフェ」を設立、2004年メディアクリップの代表取締役社長に就任するも、2005年にはライブドアに1億円で事業を譲渡。その後、2006年にはリクルートに入社。2009年6月リクルートを退職後は、nanapiの運営会社ロケットスタートの代表取締役に就任。2014年10月にはSupership取締役にも就任しています。

 

参考リンク:Supership

 

井口 尊仁

 

井口 尊仁氏は、Telepathy Inc.を創業後、2014年7月にはDOKI DOKI, INC.最高経営責任者として就任、シリコンバレーを拠点として活動を行っています。

 

一岡 亮大

 

一岡 亮大氏は2011年にMUGENUPを創業。2015年、クラシテク(現アンドディー)を設立、016年10月には同社代表取締役として就任。このほかにも社会福祉法人翔陽会理事や医療法人北翔会理事も務めています。

 

松本 龍祐

 

松本 龍祐氏は、大学在学中より出版系ベンチャー企業を設立、2004年には中国企業のSNSにも関わっています。その後、2006年にはコミュニティファクトリーを設立。

 

2009年以降はソーシャルアプリ開発に力を注ぎ、開発した「DECOPIC」は2,800万ダウンロードを記録しました。2014年6月にはTRILL株式会社の代表取締役も務めましたが、2015年5月にメルカリへ入社。2015年の9月にはソウゾウを設立し代表取締役に就任しました。

 

参考リンク:ソウゾウ

 

光本 勇介

 

光本 勇介氏は、2008年10月にブラケット設立。オンラインストア作成サービス「STORES.jp」を運営していましたが、2013年8月にスタートトゥデイへ売却。2016年10月にMBOを実施後は、ブラケットの取締役会長に就任しています。

 

さらに2017年2月にはバンクを創業、アイテムをアプリで撮影し現金化するサービス「CASH」をスタート、その後はDMMに同事業を70億円で売却しました。

 

参考リンク:CASH

 

望月 佑紀

 

望月 佑紀氏は、大学在学中の2005年にオネスティを設立。2008年美容・ヘルスケア業界求人メディアを設立・リリースした後、2012年に単身渡米しXvolve Inc.を設立。その後2014年には美容メディア19.8億で売却。ドイツに拠点を移し、世界中を旅して見聞を広めています。

 

森川 亮

 

森川 亮氏は、MBAを取得後2000年にソニーへと入社。2003年にはハンゲームジャパン取締役になった後、2007年10月にはNHN Japan代表取締役社長に就任。2013年4月、NHN Japan株式会社が商号を変更したことで、LINE代表取締役社長に就任するも2015年3月退任。同じく2015年4月にはC Channel株式会社代表取締役に就任を果たしました。

 

参考リンク:C Channel株式会社

 

岡田 光信

 

岡田 光信氏は、日本、中国、インド、シンガポール等に拠点を持ちIT業界で10年間「グローバル経営者」として活躍しました。2015年2月にはアストロスケール日本法人を設立しています。

 

木村 新司

 

木村 新司氏は、2007年にアトランティスを設立、2011年に同社をグリーに売却。投資家としてGunosy創業に関わった後、2013年より同社共同最高経営責任者しましたが、2014年8月に同職を退任。現在はクラウドワークス社外取締役として活躍しています。

 

参考リンク:クラウドワークス

 

小林 清剛

 

小林 清剛氏は、2009年4月に広告配信事業ノボットを創業、2011年7月にはKDDI傘下のmedibaの子会社となりました。その後2013年12月に米国Chanoma代表に就任。現在は「Remotus」の開発運営を行っています。

 

参考リンク:Remotus

 

柴田 陽

 

柴田 陽氏は2011年スポットライトを創業、2013年10月に同社を楽天にバイアウトしています。また2016年11月にはクラウドポートを協働創業するなど連続起業家として活躍中です。

 

参考リンク:クラウドポート

 

本田 謙

 

本田 謙氏は、2005年ブレイナー社を創業するも、2008年に同社をヤフーに売却。2010年10月、フリークアウトを設立、2014年6月には東証マザーズに上場を果たしました。現在はエンジェル投資家、広告技術についての講演活動も精力的に行っています。

 

諸藤 周平

 

諸藤 周平氏は、2000年にキーエンスへと入社、その後転職先で知り合った田口茂樹氏と合資会社エス・エム・エスを創業(2002年8月)しました。また2003年には株式会社エス・エム・エスを設立し、4年後に15億を達成。2008年3月13日にはマザーズ上場を果たしています。

 

その後、2014年4月には同社代表取締役を退任、シンガポールに拠点を移し、同年(2014年)REAPRAをシンガポールに設立しました。

 

参考リンク:REAPRA

 

籔本 崇

 

籔本 崇氏は、2013年にコンフィアンザ創業するも、2013年にミクシィへ売却。2012年以降は、Go Bee Inc.で代表取締役社長を務めました。その後、2014年6月にラスシアを設立。海外を廻った後、2016年にはキネカを創業しています。

 

正田圭

 

正田圭氏は15歳の若さで起業するも、4年後の19歳にはM&Aでイグジット。22歳にして売却益を元手に35億の会社を築き上げています。現在、TIGALA株式会社代表取締役として活躍中。

 

山田 進太郎

 

山田 進太郎氏は、大学在学時に楽天でインターンを経験、楽天オークションの立ち上げに関わりました。2001年8月にウノウ設立するも、2010年8月にウノウをZyngaに売却。2013年2月にはコウゾウ(現在のメルカリ)を創業し現在に至ります。

 

参考リンク:メルカリ

 

吉川 欣也

 

吉川 欣也氏は、1995年8月にデジタル・マジック・ラボを創業。同社の社長や会長を歴任した後、2001年7月にはシリコンバレーに拠点を移しました。現地では Infusion Inc. を創業するも、2005年にが同社を5000万ドルでAccess社に売却。その後も、2008年4月にMiselu Inc. を設立しCEOに就任しています。

 

吉田 浩一郎

 

吉田 浩一郎氏は、2007年にZOOEEを創業するもアパレル事業で大きな損失を抱えてしまいました。その後、2011年11月にクラウドワークス創業し、2013年1月ヤフーとの提携、2013年4月ベネッセと提携を果たしています。

 

参考リンク:クラウドワークス

 

福田拓哉

 

福田拓哉氏は、2015年にリリースした「資金調達プロ」を3年後、一部上場企業に6億2,000万円で売却。現在は株式会社ユービジョンの代表取締役として、Founder(ファウンダー)Awesome(オーサム)を運営するほか、投資家としても若手の育成に力を注いでいます。

 

参考リンク:Founder(ファウンダー)

 

億単位でビジネスを売り、超短期間で資産家になる3つの秘訣!

 

億単位でビジネスを売り、超短期間で資産家になる3つの秘訣をまとめてみました。

 

億単位でビジネスを売り、超短期間で資産家になる3つの秘訣!
☑ 起業前に売ることを考える
☑ コストを掛けずに、優れた少数のスタッフで事業を展開する
☑ 一つの事業を継続せず、連続起業家としてビジネスを展開していく

 

億単位でビジネスを売るには、『起業前に売ることを考える』ことです。実際に成功者達は、起業をする前に「どこまで価値を高めて売却するのか」綿密にプランを立てています。

 

またコストを掛けず、優れた少数のスタッフで事業を展開することも重要です。コストを掛けて、従業員をたくさん雇っても効率的ではありません。そして一つの事業を継続せず、サクッと連続で起業し、ビジネスを展開していくのが「数十億規模の資金」を作るのに適した方法です。

 

 

億単位でビジネスをしたい、売りたい方は「3つの方法」を実践してみてください。

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awesome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

 

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

資産家のマインドを得るのにふさわしい書籍5選!

 

ここで、資産家のマインドを得るのにふさわしい書籍を5冊紹介します。

 

資産家のマインドを得るのに役立つ書籍5選!
・ フリーターから資産家になった男が教える 億の富の作り方
・ 30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却するまで
・ サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門
・ サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方
・ Q&Aでよくわかる 中小企業のためのM&Aの教科書

 

各タイトルの内容を、カンタンにまとめておきます。

 

フリーターから資産家になった男が教える 億の富の作り方

 

フリーターから資産家になった男が教える 億の富の作り方は、約2年間のフリーター生活を経て就職、その後自らが起業。30代半ばにして、億の富を築いた著者のプロセスをまとめた一冊です。

 

フリーターから資産家になった男が教える 億の富の作り方の概要

本書の特徴 円高、円安、インフレ、デフレのしくみといった基本的なことから、億の資産を形成する考え方、チャンスの掴み方、資産形成の方法が分かる一冊。
著者 久保 雅文
出版社 総合法令出版
本書の内容 資産運用の鍵を握る円高・円安のしくみを全く新しい視点で分かりやすく解説。(BOOKデータベースより)
発売日 2011年3月10日

 

なお本書の著者は、資産の形成・運用・保全・継承分野のファイナンシャルプランナーとしても活躍しています。

 

関連リンク:フリーターから資産家になった男が教える 億の富の作り方

 

30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却するまで

 

30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却するまでは、本記事でも取り上げた「資金調達プロ」を売却した福田拓哉氏の新刊です。

 

30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却するまでの概要

本書の特徴 人気サイトを相場の2倍以上で売却した著者が「売れるサイト」のつくり方から、売却までの独自のノウハウを凝縮した一冊
著者 福田拓哉
出版社 幻冬舎
本書の内容 サイト構築・運営・売却の経験を踏まえ、時代やインターネット技術の発展に左右されずにサイトの価値を高め、超高値で売却するノウハウをまとめた一冊(BOOKデータベースより)
発売日 2018年8月2日

 

関連リンク:30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却するまで

 

なお同書で書かれたノウハウは、サイト高額売買の全記録(レポート)としても公開されています。

【サイトM&A】30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却した全記録

 

このほか、「資金調達プロ」の内容をまとめた『経営者が知らない 資金調達8つの方法/幻冬舎』が発売されています。

関連リンク:経営者が知らない 資金調達8つの方法(幻冬舎)

 

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門

 

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門は、規模は小さいものの、個人がM&Aで資産を経営するコツが書かれた一冊です(サラリーマン、お勤めの方におすすめ)。

 

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさいの概要

本書の特徴 ネットメディア「現代ビジネス」で人気の高かった記事を書籍化している。サラリーマンが資産家になるには、具体的に何をすれば良いのか、著者の経験を通じて学ぶことができる。
著者 三戸政和
出版社 講談社
本書の内容 投資ファンドのビジネスの現場で実践しているノウハウを広く開陳して現在日本が直面する大きな課題、中小企業100万社が廃業するといわれる「大廃業時代」への一つの解決策を提示。Web「現代ビジネス」の人気連載を書籍化!あかるい資本家への道。(BOOKデータベースより)
発売日 2018年5月18日

 

関連リンク:サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門

 

サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方

 

サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方を書き、連続起業家として成功する正田 圭氏は10代で起業。現代最も成功した若者としてメディアでも取り上げられることが多いです。本書では、どのように起業し売却すれば良いのか。新しい働き方を提案しています。

 

サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方の概要

本書の特徴 連続起業家として成功する正田 圭氏のビジネスの考え方、M&Aによるで成功する秘訣がシンプルにまとめられた一冊。
著者 正田 圭
出版社  CCCメディアハウス
本書の内容 会社を作って売却するのは、一番確実で、一番地に足の着いた、最もシンプルなお金の儲け方だ。そろそろ「他人の作ったシステム」に依存するのはやめよう。「仕掛けられるお金儲け」から脱却しよう。自分が「仕掛ける側」になれ。この本で、その「仕掛け方」を教えよう。(BOOKデータベースより)
発売日  2018年1月31日

 

関連リンク:サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awesome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

 

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

Q&Aでよくわかる 中小企業のためのM&Aの教科書

 

Q&Aでよくわかる 中小企業のためのM&Aの教科書は、中小企業経営者向けに「M&Aの仕組み」を分かりやすくまとめた一冊です。

 

Q&Aでよくわかる 中小企業のためのM&Aの教科書の概要

本書の特徴 中小企業経営者向けに「M&Aの仕組み」を説いている。
著者 篠田 康人
出版社 総合法令出版
本書の内容 中小企業にとって、もはやM&Aは決して他人事ではない!買う側も売る側も“これだけは知っておきたい”ポイントを厳選し、Q&Aでわかりやすく解説! NO.1 M&Aアドバイザーが、基本的知識から背景事情まで、実例を交えて丁寧に解説!この1冊で失敗しないM&Aの進め方がわかる!(BOOKデータベースより)
発売日 2016年7月22日

 

関連リンク:Q&Aでよくわかる 中小企業のためのM&Aの教科書

 

※ なおサイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awesome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

 

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

 

まとめ|億レベルのサイト売買は、無料でも学べる!

 

億レベルでサイトを売る方法は、市販の書籍やネット上のレポートだけでも(ノウハウが)十分習得できます。みなさんも今回紹介した方法で、保有するサイトを億レベルの価格で売却しましょう!

 

著者紹介|Awesome編集部

Awsome(オーサム)は、売買金額1億円以上のWEBサイトを対象にコンサルティングとM&A仲介を行う日本最大級のサービスです。Awsome編集部は、サイト売買やM&Aのノウハウを分かりやすくお伝えします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter・RSSでも購読できます。