超少数精鋭で超高収益なビジネスを作り上げる最大のメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超少数精鋭で超高収益を成功させるのは、最も賢い「ビジネスの方法」です。せっかく会社を作るのなら、一部上場を目指すのが「正しい道」だと思い込んでいませんか? もちろん、上場を目標に頑張るというのも一つの考え方であり、それぞれの生き方なので否定はしません。

しかし、最短・最小の労力で簡単に利益が出せるのならば、多くの資金や時間、労働力を確保する必要から100%解放されます。

 

本記事では、超少数精鋭で超高収益なビジネスを作り上げる『最大のメリット』について解説します。少ない労力、少ないコストで数億円規模のビジネスを展開したいかたはぜひ参考にしてみてください。

 

特に、IT関連のように「コストの掛からない分野」であれば、個人でも「大きな資産を形成」するのは夢ではありません。

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awesome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

 

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

超高収益なビジネスの特徴|初期投資も時間も必要なし!

 

ここでは、超高収益なビジネスの特徴をまとめてみました。

 

超高収益なビジネスの特徴
☑ 資本ゼロ、小資本で始められるビジネス
☑ 在庫を持たないビジネス
☑ 定期的に一定の収益が入るビジネス
☑ 利益率が高いビジネス
☑ 少ない人員、わずかな労力で運営できるビジネス

 

それぞれの内容について、順に解説します。

 

資本ゼロ、小資本で始められるビジネス

 

資本ゼロ、小資本で始められるビジネスは、元手が掛からない分すぐに利益が出せます。資本ゼロ、小資本で始められるビジネスと言えば、やはりIT関連のビジネスでは無いでしょうか?

 

IT関連の事業であれば、アートや芸術のように大きなキャンバスや高額な画材を準備する必要も無く、パソコンやスマートフォン、必要な機器さえあれば、今すぐどこでもビジネスがスタートできます。

 

 

もちろん資本ゼロ、小資本で始められるビジネスにも、アイデアや専門知識が必要になります。しかし「頭脳」と行動力、わずかな資金さえあれば、最小の費用で、IT関連ビジネスはスタートできるのです。

 

また「クリエイティブ」とは、アートや芸術の分野だけに限りません。ビジネスの世界にも、クリエイティブな才能が必要とされます。

 

在庫を持たないビジネス

 

在庫を持たないビジネスは、ある意味『最強のビジネス』と言えるでしょう。例えばアパレルの世界では、毎シーズン何トンもの在庫を償却し(固定資産税が掛からないよう)商品が増え過ぎないよう在庫管理を徹底しています。

 

しかし…せっかく作った商品を燃やすのは、ユーザーや環境団体からの反発も大きく、大手アパレルメーカーも「受注生産にシフト」するなど、新たな対策を迫られています。

 

これに対し、IT関連のビジネスであれば、在庫を抱えることはありません。もちろん、一昔前のようにソフトウェアをパッケージ販売した場合は別ですが、現代のように「ダウンロード」を販売できる商品であれば、無駄な在庫を抱えずに済みます。またサービスや商品にクレームが来たとしても、アップデートなどの方法で対応ができ、商品管理や新たな商品開発もスムーズに進められます。

 

在庫を持たないということは、資源の無駄を無くし、不要な人件費を掛けずにサービスや商品が提供できます。このため「利益率」を高めることができ、よりスピーディーに利益が出せるのです。

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awsome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

 

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

定期的に一定の収益が入るビジネス

 

定期購読やサービスの定期購入は、安定して収益が得られるのでオススメです。アプリやソフトウェアでも、高いものであれば一括購入するよりも、毎月わずかな費用で「定期購入」できるサービスが人気を得ています。

 

例えば、AdobeのPhotoshopやイラストレーター、PDF作成ソフトなどは、一昔前まで「高価なソフトウェア」として知られており(コストが掛かることから)ユーザーの数は一定数に抑えられていました。

 

しかし、近年では一ヶ月1,000円〜2,000円程度の費用を払うだけで、最新のソフトウェアが複数台のPC、スマートフォン上で使えるようになりました。大手ソフトウェアメーカーの「定期購入」モデルは、Microsoft、その他起業にも導入され、ユーザーの数を増やす結果となりました。このほか、noteやメールマガジンの定期購読、定期コンサルティングの料金など、さまざまな形で「定期収入」が得られます。

 

高収益なビジネスは、自然と「不労で得られる利益」が大きくなっていきます。みなさんもほったらかしで、利益がでる方法についてアイデアを出してみましょう。革新的アイデアであれば、大手企業が買い取ってくれるかも(?)しれませんよ。

 

利益率が高いビジネス

 

利益率が高いビジネスとは、初期費用が必要なく、人件費や材料費などのコストが掛からないビジネスのことです。例えば、ユニークなアイデアや発想力を持つ人が、メルマガを一本販売するのに必要なのは、アイデアとわずかな通信費だけで済みます。

 

もちろん、サイトのデザインを外注したり、校正者に記事の編集を依頼すれば、ある程度のコストは掛かります。ただ「すべて自分で出来る」という人なら、ほぼ無料でビジネスがスタートできるのです。ここまで利益率が高いビジネスは、他に無いでしょう。

 

少ない人員、わずかな労力で運営できるビジネス

 

海外には数人の仲間でゲームを作成し、ダウンロード販売を展開。ゲームのヒットに伴い、億万長者に上り詰めた才能あるゲームデザイナーが多数存在します。これは、彼らが幸運だから達成できたのでは無く、「自分達が楽しいと思えるビジネス」に時間と才能をつぎ込み、最小限のコストで販売を行ったためです。

 

成功をするには、やはり「好きなこと」がモチベーションを高め、労働の意欲をかき立てます。また少ない人員、わずかな労力で運営できるビジネスには、大きな可能性が秘められています。

 

 

ビジネスで成功をすれば、必ず大きな企業から「買い取りたい」といったオファーが舞い込んできます。そして、M&AによるEXITを行えば数億円規模の資金が手に入り、また新しい事業を始める資金として活用できます。

 

実際に優れた経営者を見れば、起業と売却を何度も繰り返し、莫大な資産や財産を築いています。また国内でも10代〜20代という若さながら、連続起業家として成功する人が増えています。もちろん若者だけでなく50代〜60代でも、今すぐ「連続起業家」になることは可能です。

 

特にITのようにスピード感があり、利益の出やすい分野であれば「年齢や経験」に関係無く、高収益ビジネスが作れるでしょう。

 

超少数精鋭で超高収益なビジネスを作る方法

 

超少数精鋭で超高収益なビジネスを作る方法は、シンプルかつ簡単です。優れたスタッフを数人集め、ビジネスを始めるだけで終わりです。もちろん、事業の成功には『信頼関係の強さ』も必要な要素となります。

 

優れたスタッフは『一人で数人分の頭脳や技術・経験を持つ人』を基準に探してみてください。例えば、WEBデザイナーであれば、技術やだけでなく、センスやデザイン力、アイデア力のある「才能豊かな人」がいれば、普通のデザイナーを2人〜3人雇うよりも仕事が速く、優れた結果を出してくれます。

 

同様に営業、経理、コンテンツ制作スタッフも「人よりも優れた人材」を確保することです。少ないスタッフでも才能ある人が集まれば、無駄な人件費を掛けずに最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awesome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

超少数精鋭で超高収益なビジネスを作るメリットは5つ!

 

超少数精鋭で「超高収益なビジネス」を作るメリットは、大きく分けて5つあります。

 

超少数精鋭で超高収益なビジネスを作るメリット
① 無駄な人件費がカット出来る
② スタッフ間の意思の疎通がしやすい
③ 優秀な人材に適切な資金が投じられる
④ ビジネスの方向性がぶれない
⑤ 結果が出るのが早く、成功する確率が高い!

 

①〜⑤の内容について、順に解説しましょう。

 

超少数精鋭ビジネスのメリット① 無駄な人件費がカット出来る

 

超少数精鋭ビジネスのメリットは、「無駄な人件費がカット出来る」点にあります。

 

人が多くなれば、その分人件費が掛かります。また、スタッフが働く場所の確保や、福利厚生にも一定のお金が掛かります。このほか、スタッフが多くなればなる程、無駄なもめ事や「人間関係の問題」も起こりやすくなるので厄介です。このため(スタッフ間の風通しを良くするという意味でも)少数で働く方が「ラク」と考える人も多いです。

 

超少数精鋭ビジネスのメリット② スタッフ間の意思の疎通がしやすい

 

前項①と共通しますが、超少数精鋭ビジネスであれば、スタッフ間の「意思疎通」がしやすいです。

 

人が多くなれば、その分伝えたいことが伝わる確率は低くなります。しかし、数人のスタッフで事業を展開すれば、伝えたいことはすぐに伝わり、信頼関係が強くなれば「何も言わずとも向こう側が理解してくれる」ような、コミュニケーション能力に長けた「良い関係」が生まれます。

 

超少数精鋭ビジネスのメリット③ 優秀な人材に適切な資金が投じられる

 

人件費がカットできれば、優秀な人材に適切な資金が投じられるます。良い条件で働くことができれば、スタッフもますますやる気を出して、精力的に働いてくれることでしょう。反対に安い賃金で、たくさんの人を雇うとなれば…仕事の質は低く、結果が出るのにも時間が掛かってしまいます。

 

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awesome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

 

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

超少数精鋭ビジネスのメリット④ ビジネスの方向性がぶれない

 

スタッフ間のコミュニケーションが取れることで、ビジネスの方向性がぶれず、トップのやりたいことや意思がストレートに「事業へと反映」されていきます。

 

超少数精鋭ビジネスのメリット⑤ 結果が出るのが早く、成功する確率が高い!

 

①〜④の状態で、社員が生き生きと働いていれば「プラスのスパイラル」に入り、ビジネスの成長ペースも速く、結果や利益も出やすくなります。

 

もちろん、ワイワイたくさんのスタッフで働きたい人や「社員は多ければ多い程、やりがいを感じる」といった経営者もいるでしょう。しかし、事業の成功と人数は関係ありません。少ない人員でも、優れた人材さえ集まれば、大企業に負けない「大きな成功&結果」が勝ち取れるのです。

 

超少数精鋭|優秀なスタッフの集め方

 

超少数精鋭ビジネスに欠かせないのが「優秀なスタッフ」の存在です。優秀なスタッフはWEB上で「これだ!」という人に声を掛けたり、クラウドソーシングを通じて募集してみましょう。また、知り合いがいるのなら、良い人材を紹介してもらうのも一つの手段です。

 

超少数精鋭で仕事をする際の注意点

 

超少数精鋭で仕事をする際の注意点ですが、一人一人の労働力が重くならないよう、上手にバランスを取ることです。例えば、優れたプログラマーを「人が少ない」といった理由で、営業に回したり、オフィスの掃除やお茶くみ、経理業務をさせるのはおかしな話です。

 

それぞれが、最高のパフォーマンスが発揮できるよう工夫しましょう。例えば、会計業務であれば「クラウド会計ソフト」を使用したり、お茶くみの必要が無い、カフェで来客と打ち合わせをしてみてください。このほか掃除については、専門の業者(格安業者も多い)を使えば済むことです。

 

 

どのような業務でも、コストを掛けず、必要な作業は「外注化」できます。優れたスタッフが、120%の能力が発揮できるよう「外に回せる業務はどんどん外注化」する癖を付けましょう。

 

※ サイト売買やサイトM&Aについては、売買価格1億円超のWEBサイト専門M&Aサービス Awesome(オーサム)の利用がオススメです! Awesomeでは、高額案件のみに特化したサービスを行うことで、あなたの「理想のM&A」を実現。仲介はもちろん企業価値を最大限に高めるサポート、数億円規模を目指せる売却ノウハウのご提供が可能です。

売買価格1億円超のWebサイト専門【M&Aサービス】Awesome(オーサム)

 

まとめ|超少数精鋭主義なら、120%ビジネスは成功する!

 

いかがでしたか? 超少数精鋭主義なら120%ビジネスは成功します。なぜなら、無駄なお金や時間を無くし、効率良くビジネスが進められるからです。特に優れた人材のうち数人で事業を行えば、社内での意思疎通はスムーズになり、利益や結果が出るのも速くなります。新しい働き方、ビジネスの方法を模索している方は、ぜひ「超少数精鋭主義」で事業を興してください。

 

著者紹介|Awesome編集部

Awsome(オーサム)は、売買金額1億円以上のWEBサイトを対象にコンサルティングとM&A仲介を行う日本最大級のサービスです。Awsome編集部は、サイト売買やM&Aのノウハウを分かりやすくお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter・RSSでも購読できます。